Home > スポンサー広告 > flashを使った設計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://stodju.blog6.fc2.com/tb.php/234-fbb19d71
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from stepper's log

Home > スポンサー広告 > flashを使った設計

Home > design > flashを使った設計

flashを使った設計

またまたやることがなくなって暇になる。
ポートフォリオを作るために設計を少し、というかかなり、図面をつめたり、模型を作ったりしなきゃならんのだが、面倒でやる気が起こらない。
3月は始まったばかりなんだけど、仙台行って、中国行って、帰ってきたらもう終わりやね。
院試の勉強もあるし、研究室はまだどうなるかわからんのだけれども、余裕はあった方がいいからポートフォリオくらいは3月中に作っておきたい・・・


新潟大学の学外講評会に藤村龍至さんを招いたことは、前回の記事で書いたが、俺は彼のことをまったく知らなかったのでネットで調べてみた。
そして、調べていたのだが、いつも通り脱線し、違った方向へ。
これは藤村龍至さんとは、おそらく関係のない話である。

ちょっと面白い記事を見つけた。
ある一つの建物があって、それに関する対談。
よくある記事の一つ。
それが、砺波に建っているということで親近感がわき、読んでみることにしたのだが、驚いたことにflashを使ったソフトを使って設計しているらしい。

中島がflashをつかって乱数を生成したいとか、それで設計したいとか言ってる話を聞いた後だったので、それは俺にとっては凄くタイムリーな話で、「同じようなことを考えているやつがいるもんだ」と思って読んでいた。
しかし、かれがやっていることは凄く高度なことで、(よくわからないが、多分高度なんだろうと思う。)flashが表現できるアルゴリズムを使って属性と属性が結ばれる強度というか、深度を決定するというような手法を用いていた。
部屋の用途と面積を入力すると、2つの部屋が引き合ってくっつくみたいな感じ。
もちろん出来上がった図面は不定形な感じになる。
学生の俺から見れば流行の、ちょっと今風な感じの図面。良い意味で。

そのあと、なんやら難しい言葉がポンポン出てきて、なんとか的重力場とか、パタンランゲージがようやく実現できるようになったとか、いろいろ、読むのをやめてしまって最後まで読んでないのでなんとも言えないが、flashを使って設計するということがもうすでに行われているということが新鮮な感じの発見だったかな。
あと、それが砺波に建っているということも。


そんなかんじ。
おわり。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://stodju.blog6.fc2.com/tb.php/234-fbb19d71
Listed below are links to weblogs that reference
flashを使った設計 from stepper's log

Home > design > flashを使った設計

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
blog list

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。