Home > 2009年03月

2009年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

しんきよ

さて、私は現在新居に入居中です。
今朝のニュースで報道されていた、話題の千葉県民になることになりました。
部屋は6畳、3月まで学生寮だったらしく改装が入ってキレイな部屋です。エアコンも家具も新しくて良いんですが、サイズが微妙ですね。
それはいいとして、自転車置き場がない!というのが私には死活問題です。
部屋に入れてください。とのことですが、そんなスペースはないんだよー

ネット環境はありませんが、電話があります。いわゆるイエデンです。

ウダウダやってても仕方ないので頑張って片付けましょうかね!

以上

引っ越しその2

  • 2009-03-25 (Wed)
  • note
あぁ、なんて面倒な引っ越し
本当に片付かねー

そして、引っ越し単身パック頼まなければ良かったと少し後悔
冷蔵庫は破棄!


めんどくせーい


卒業式はいろいろありまして、突然のビデオレターにはびっくりしました。
先輩方どうもありがとうございます。
どうやら僕らの代は先輩にも後輩にも恵まれているようで、感謝したいです。
卒業式のことはまたゆっくり時間が出来た時にでも書こうと思います。


どうにも感傷的に…というか、今生の別れではないと思っているので
涙は出ませんね。

fragrance of happinessという映画をご存知でしょうか?
あれは泣けます。


以上

引っ越し

  • 2009-03-21 (Sat)
  • note
引っ越しってなんて面倒なんだろーなー
面倒だから、やっぱり別荘がたくさんある生活が良いなー

さて、突如始まった引っ越し計画は、行き当たりばったりな無計画。
でも来週は、修了式と梗概作成に当てる予定だから、やはり実家に荷物を戻すのはこのタイミングしかないってことで、本とパソコンと机を運んだ。
荷造りと学校からの退去に手間取って予定より2時間遅れでミッションコンプリート。
レンタカーの延長料金が請求されなかったのは本当にラッキーだった。
担当の人に感謝したいです。
ただ、携帯の充電器を忘れてしまったので、明日電話しないとなー
それだけはメモっておかないと!


やはり実家は実家だな。
本は箱詰めのまま物置へ。明日は親父とおかんの作業環境を改造する日になりそうです。

海外のことも書きたいと思ってるんですが、スパムがひどいのでドメイン取得して別のところで書き始めようかなーとも思っています。
そのときは、またお知らせしましょうかね。


いっさい先は見えていないけど、最近は自分の将来が楽しみで仕方ないぜー

I'm BACK

  • 2009-03-19 (Thu)
  • note
帰ってきました。
ホテルを出発し、家に着くまで1日と5時間くらい。
疲れたぜー
行きよりも帰りの方が疲れるのは何故だろう?

帰ってから諸連絡を処理し、雑務。
さて、夕方から何をしようかと思案していたところ、後輩からフットサルのお誘い。
今フットサルやってるんスー。3時間コースらしいので、2時間だけ参加可能だ。
で、参加。
今日はシュートが入らない日だった。まぁしょうがない。

帰りにやっちゃんと飯を喰らう。
日本に戻ってきて初めての飯がうめこまち(定食屋)なんてちょっと笑える。
きっとそんなもんなんだろう。
ほぼパンとハムとチキンとレタスの生活だったから油のにおいが鼻につく。
白米がうまいぜー

で、洗濯して、諸々をこなし、今に至るわけだ。


まぁ、戻ってきたぜーってことです。
今日の天気の良さは異常だったみたいやね。
びっくりしたぜー


以上!

chicken naget

  • 2009-03-18 (Wed)
  • note
テレビではブンデスリーガのダイジェストをやっています。それにしてもよく点数が入る。
さて、今日は予定通りスイスアルプスを滑ってきました。たぶんスイスアルプスの一部のハズだ!
hoch ybrigというスノーパラダイスです。だからアルプスじゃないのかもね。電車で40分、バスに乗り継いで30分のところにあり、公共交通を使って行ける山です。乗り継ぎが最悪で、バスの時間から調べるべきだったなーと後悔しながら1時間待ち。バスの中はトレッキングの老人達でいっぱいでした。
山の麓にはロープウェイの駅しかなくて、ボードとウェアのレンタルが出来ないんじゃないのか?と不安になるも「マウンテンステーションの横で借りれるよ」とのこと。ここで一日券を買う50フラン。マウンテンステーションへ。
サービスなんたらって書いてあるお店に入る。ボードとウエアも借りたいですと言うと、ウエアも?みたいな反応。
カムヒアー、サイズは?…Sね。
えぇ、Sサイズでちょうど良かったですとも。着替えは袋に入れて荷物と一緒に預かって貰った。確かに合理的だ。足のサイズを測りブーツを出してもらう。25.5…これにもびっくり。しかし、ジャストサイズだ。五本指靴下を笑われる。足袋の文化はないらしい。
レンタルは全部で89フラン。まぁ、そんなものか。

hoch ybrigは伊藤さんのうねった屋根の葬儀場の屋根形状を巨大化して斜面にしたようなスキー場で、経験したことのないゲレンデが広がっています。高速リフトが2本、平行に距離を取って配置されていて、調べてみれば分かりますが、なんじゃこりゃって単純過ぎる構成。しかし、起伏に富んでいてそれを生かしたパークがされていました。飛んだら確実に死ぬと思った馬鹿でかいキッカーがひとつ(ランディングの高低差が15~20mくらいあった)。飛んだら骨折すると思ったキッカーが5つくらい。これなら飛べると思ったのが3つくらい。あとはレールとボーダークロスのコース。
なんでそんなスピードかつ軽やかな感じで飛べるのか分からないくらい、皆さんポンポン飛んで行きます。エアーがシブイ。着地で失敗する人はほとんどいません。みんなウマイっす。こんなスキー場がコロコロ存在するなんて、なぜか諦めを感じてしまった。

いつの間にかブンデスリーガの試合が始まっている。

昼飯はチキンナゲット。16フラン。読めるのがこれしかなかった。やはりもっと言葉が出来るようになってからこよう。チキンナゲットプリーズと言っても通じず…、何度か外国語らしい発音を繰り返していると、チュィッキンナゲットと発音される。そう発音するのか。イエスイエスプリーズ。

そしてまた滑りだすも財布を落としたことに気付き、途方にくれる。問題は帰りのバス料金だ。どうしよーと考えながらリフトに乗ると、ガラス越しに見覚えのある財布が…、いそいで取りに戻り安堵を得る。リフト乗り場のおっちゃんとガッチリ握手。
まじでありがとう!!

本当今日は迷惑かけっぱなしの日でしたが、楽しく滑ってこれたので、すごい感謝しています。

旅行の日程は、あと飛行機に乗って帰るのみになってしまいました。
帰りたくないぜー
でも白米が食べたいとも思う。
毎年研究室の先輩はキレのあるお土産を買ってきてくれるんですが、私に限ってはそのようなことはありません。意識は一応していましたが、そーゆーのなかったんすよねー、残念。


以上。

re+1

  • 2009-03-17 (Tue)
  • note
さて、再び中央ヨーロッパ時間に戻ってきました。今はチューリヒです。いろいろありましたが、久しぶりのベッドでめっちゃうれしいぜーい。
最後の都市をチューリヒにしてよかったぜー
12万あるならチューリヒに来よう。空が青いぜー、坂の街だぜー、湖と山。北欧よりも住みたいと思った。観光だけやったら1日で充分ですが、デザイナーかメッセンジャーとして生計を立てたいと思いました。

川岸さんが羨ましい限りですが、相当大変だと実感したので、安易に羨んでもいられませんな。しかし、本当に良い都市だ。ドイツ語勉強して、また来ます。今度は自転車を持って。

とりあえず、明日はアルプスを滑ってきます。ただ、行けるか不安です。ボードの類いも借りられるか不安です。

以上

+2

  • 2009-03-13 (Fri)
  • note
さて、ヘルシンキに来ました。
オスロは日曜と月曜で曜日が悪く、あんまり上手に動けず…
とりあえずオペラハウスを見て、トラムに乗ったからよしとする。

夜行バスでストックホルムへ移動。今回の旅行はこの移動が一番不安だったけども無事到着。
森の教会と図書館を見て、その後目的を失う。ガイドブックを入手し、水族館と美術館、ギャラリー、タワーを巡る。
3都市目にしてようやく観光の仕方が分かってきた。
翌日はガムラスタンと市内を歩き、夕方シリヤラインに乗船。ヘルシンキへ。
船内で、多分レストラン側のミスから、ボストンで美術を学んでいる日本人と出会う。飯を食いつつアートとストックホルムと建築とその他諸々について話す。
今回の旅行で初めての高度なコミュニケーション。
よく喋る子だと思いつつも、単純に尊敬してしまった。
しっかりしてるぜー

で、ヘルシンキ。
とりあえず、アアルト自邸を見学。英語のガイド。2度目の高度なコミュニケーション。つたない英語で質問するも、答えはだいたいわからない。
その後アトリエを見に行くも閉館。道中、何を探しているんだぃ?と老人二人組に声を掛けられ案内していただく。3度目の高度なコミュニケーション。
凍った海を歩く。
ロックチャーチ、カアペリ、キアズマに行ってホテルにチェックイン。
7階なのに6階でリフトを降りて階段を上らないとアクセス出来ない部屋。なぜかツインベッド。

明日の夜から怒涛の移動が始まります。
それを考えると、フィンランドから始めればよかったかなーと思わずにはいられませんが、これはこれで、よし。

以上!次はスイスからの更新予定です。

+1

  • 2009-03-10 (Tue)
  • note
さて、僕は元気でやっているよー
なんか入力が難しいなー、この携帯は。
いろいろあって一日を終えるのが早いですな。予想以上に英語がわかりません。迷惑かけっぱなしだぜー

今はオスロにいます。
完全な観光旅行ですが、天気に恵まれていません。そろそろ青空が見たいぜー

そんな感じだ!

Home > 2009年03月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
blog list

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。