Home > blog

blog Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

JR都市論

  • 2008-03-21 (Fri)
  • blog
まず、このJR都市論を始めるきっかけから書いてみようかと思います。

きっかけは後輩の卒業設計。
彼はどうしても三条で敷地を探したいと言っていて、僕が真っ先に思いついたのはJR燕三条駅を集合住宅にしてしまうという提案。
メタボリズム再来かのごとく、プラットフォームを住宅で覆っていく。
その当時、模型はめっちゃ良くなりそうな予感だけがあった。

かなり安易だが、新潟の中心市街地まで新幹線で15分という環境の出来上がり。
かつ、駅から自宅まで徒歩0分という好立地。
自動車によらない郊外の出来あがり。
いわゆる田園都市論を新幹線という超高速鉄道によって実現するもの。
前時代的な、新しい提案とは言えないもので口には出さず......

口を閉ざしたまま、もう何ヶ月も経ってしまった。
(もうすぐ一年くらいになる。)


このくだらない提案が今、不思議な力を持ち始めている。


この提案の見方を変えるきっかけになったことは、
完全に閉ざされた世界が世の中を覆ってしまった時にどんなことが起るか?
という興味である。
SNSはクローズドコミュニティであるが、mixiなんかはみんなが使っていて(使ってない人もいるけど)ほぼクローズドコミュニティでなくなりつつある。
googleはSNS内を検索出来ないので、SNSをオープンにしてしまうという姿勢をとっている。
開かれたネットワークの中に、一つの完結したコミュニティを作るというもの。

燕三条駅に集合住宅を作る提案のキモは、田園都市論を再現することではなく、開かれたJRネットワークの中で完全に閉ざされた(完結する)世界をつくることである。
JR内に生活基盤を持ち、JRの敷地内から出なくても生活できるという状態を起こす。
ネットワークによる引きこもり生活と良く似ている。というか同じ構図。
よりフィジカルになったものと捉える。

JRはデジタル世界をフィジカルなものとして再現可能ではないか?ということだ。
JRが始めているエキナカ事業はそんな匂いがする。
JRというネットワークのなかにいろんなサービスが組み込まれていて、現金ではないお金、電子マネーでフィジカルなサービスを受けることが出来る。



完全に閉ざされた世界の中で、生活できるようになる。
使うお金は電子マネー
電子マネーはネットの世界でつくる。

すると、電子マネーとリアル世界のマネーの相場ができる。
これを定めるのは閉ざされた世界の創始者、JRさんです。

そうなると世の中がひっくり返りそうな気がしませんか?

705nkとipod

  • 2007-02-25 (Sun)
  • blog
705nkを購入し、ipodの代わりとして使おうとここ数日いろいろ調べているんですが、どーも自分の現在の環境だと使いにくいということがわかってきました。

現在の環境
ibookG4 panther,bluetoothなし

isyncでカレンダー、アドレス帳等が同期できません。
nokia music manager for macが使えません。

というパソコンの問題が2つほど。

nokia music managerが使えないとなるとitunesのプレイリスト及びタグ等が認識されないのでブラウズするときに不便やなーというのが一番の問題。

付属のイヤフォンがあまりにもチープなので、自分の好きなのを使いたいと思ってるんですが、その際アダプタが必要。ステレオで聴くにはnokiaの純正アダプタが必要ということで、それが若干高め・・・3500円くらいだが、諸手数料を考えるとワリとかかってしまう。2GのminiSDが3000~6000円の間くらい。
bluetoothアダプタが2300円くらい。
ってことで全部で10000円くらいかかってしまいそうな感じ。


なのでipodを直そうと決意しました。
調べていくとipodには診断モードというのがあり、それでHDDスキャンすると直ったという情報が・・・
さっそくやってみましたが、無理でした。
診断モードにすらならないということで、ipodをバラしてHDDを交換することにしました。
どうやら30GのHDDが9500円で売っているようで、そいつを手に入れようと画策中です。

買ってからバラせないってことじゃ元も子もないのでとりあえずバラしてみることに。
側面から薄いカードなどを差し込むと開腹できるそうです。
バラしマニュアルがヤフーオークションで売ってるんですが、そいつには頼らず、頑張って自力で・・・
ネットにはいろんな情報が転がっていますのでそいつを頼りに。
が、しかし、意外と解説してくれてるようには簡単にカードがすき間に入っていったりしません。
差し込んだらスライドさせるってのがポイント。
一枚目にうっすいテレカetcを差し込んで、スライドさせつつ開き始めたら、2枚目に厚めのカードを差し込んでごにょごにょやると開きました。
わりとアッサリで拍子抜け。
あとはHDDを交換するだけです。
とりあえずホコリが入らないようにクレラップに包んで直射日光のあたらない所に保管してあります。

ちなみにipodをバラすと保証が効かなくなりますので、あくまで自己責任でお願いします。

Home > blog

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
blog list

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。